アトピー性皮膚炎を悪化させないライフスタイル

アトピー性皮膚炎と上手につきあっていきませんか

 

アトピー性皮膚炎を悪化させないライフスタイル

 

アトピー性皮膚炎は、アレルギーにかかわる病気です。少し症状がよくなったかと思ったら、また悪くなるを繰り返すので、治療のゴールが見えにくい病気だと言われています。 最近では、大人になっても治らないケースも増え、問題になっています。

 

アトピー性皮膚炎の診断基準

 

カユミがある

強いかゆみを伴う湿疹ができ、それをかくことでさらに悪化。

 

湿疹と症状の現れる部位に特徴がある

赤くブツブツした湿疹が体の左右対称に現れる。 年齢によってできる部位が違ってくるのも特徴

 

湿疹が慢性化している

乳児では2か月以上、それより年齢が上の場合は6か月以上症状が続きことが多い

 

 

年代別症状の現れやすいところ

 

乳児

頭や顔にできやすく、ひどくなってくると、胸や背中、さらに手足に広がることもある

 

子供

首やひじの内側、あるいはひざの後ろなど関節部分にできやすくなる

 

大人

おもに顔や首、胸やせなかなど上半身にできるが、肘の内側や膝の後ろの関節部分などにもみられる

 

 

アトピーの皮膚はどうなってるの?

 

バリア機能の弱いドライスキンのために異物が侵入しやすい
私達の皮膚は、外界の色々な刺激から体を守るバリアの役割があります。 皮膚の表面は、角質層に覆われていますが、角質層に並ぶ細胞の間は、おもにセラミドからなる角質細胞間脂質という物質で満たされ、水分がほじされています。 さらに、角質層の外側は皮脂線から分泌される皮脂に覆われています。この皮脂や角質細胞間脂質がバリアとなって、外からの刺激をはねつけ、皮脂の健康を保っていいます。
ところが、アトピー性皮膚炎の多くは、ドライスキンというかさついた肌質をしています。 ドライスキンは皮脂の分泌量や角質細胞間脂質も少なく、バリア機能が弱くなり、外からの刺激物質が侵入しやすくなるため炎症が起こりやすいのです。

 

 

▼アトピーを90日で改善する方法の詳細はこちらをクリック

 

アトピーを90日で改善する方法〜7つの秘訣〜

 

 

アトピーの治療ってどうするの?

 

薬による治療、正しいスキンケア、悪化要因の検索と対策

アトピー性皮膚炎は持って生まれた体質がかかわっていますが、正しい治療によって症状を改善し、治癒にもっていくことが可能です。 アトピー性皮膚炎は、皮膚に炎症が起きている上、ドライスキンによって皮膚のバリア機能が低下しています。さらに、かいたり、汗などの悪化要因が重なってますます症状がひどくなるという悪循環に陥っています。この悪循環を断ち切るためには、まず薬できちんと炎症を抑え、スキンケアによって皮膚が持つバリア機能を回復させ、悪化要因を遠ざけることが必要。

 

 

アトピーの正しいスキンケアは?

 

皮膚を皮膚を保ち、季節を問わず「保湿」を心がける

スキンケアの第一の目的は、皮膚を清潔に保つことですが、強い殺菌効果のある薬用石けんや香料の入った刺激の強過ぎる石けんを使用したり、皮膚をゴシゴシあこするのは逆効果です。 低刺激の石鹸をよく泡立てて、泡で汚れを包み込むように洗いましょう。その後は石鹸の成分が残らないように十分にすすぎます。 かゆみが強くならないようにお風呂の温度は高くし過ぎないようにしましょう。 入浴時間も短めにしておきます。 入浴後は皮膚の潤いを保つために夏場でも保湿剤を塗ります。

 

▼アトピーを90日で改善する方法の詳細はこちらをクリック

 

アトピーを90日で改善する方法〜7つの秘訣〜

 

 

アトピーが悪化する原因とその対策は?

 

アトピーの悪化

 

ダニ、ホコリ、花粉、カビなど

アレルゲンとなるものが皮膚に入り込んだ場合、アレルギー反応として症状が悪化することも

 

かくこと(かく癖)

かゆみのためおり、かくこと自体が習慣化してしまうことが多い。無意識にかいていることも。

 

寒さ、乾燥、紫外線、石鹸、衣服など

アレルギーとは関係ないものでも、汗や衣服との摩擦などのちょっとした刺激が悪化の要因に。

 

ストレス

ストレス解消のためにかいてしまうと、ますます悪化する。

 

アトピーの症状を改善するためには、自分の悪化要因を見つけ、それを避けることが大切です。 アトピー性皮膚炎には、アレルギーがかかわっていることが分かっています。バリア機能の低下している皮膚に、ダニやホコリ、花粉などのアレルゲンが入り込むことでアレルギー症状を起こします。そのほか、寒さや乾燥、紫外線、汗、衣服のこすれといったちょっとした刺激なども症状を悪くします。
さらに、一番の悪化要因と考えらえるのは、患部を「かく」ことです。患者の多くはかくことが習慣となっており、そのためい皮膚のバリア機能を低下させ、炎症を悪化させてしまします。「かく」行為にはストレスもかかわっており、ストレス解消をかくことで肩代わりしているケースもすくなくありません。

 

 

 

 

▼アトピーを90日で改善する方法の詳細はこちらをクリック

 

アトピーを90日で改善する方法〜7つの秘訣〜